テーラーメイドSIM MAX ドライバーが合う人、合わないかもしれない人

ゴルフクラブ

ドライバーで悩むゴルファーさん「タイガー・ウッズがSIMMAX使っているけど自分に合うのかな・・・」「SIMMAXはどんなドライバーなのか知りたいな!」

そんなお悩みを解決できる記事を書きました。

この記事を書いている私はゴルフ歴35年、2000年にプロテスト合格、テーラーメイドから13年間用品契約をして頂いていました。

本記事の目次

  • SIM MAXをゴルフ場で試打してみました!
  • すぐにSIM MAXを買ったほうがいいゴルファー
  • SIM MAX購入は少し様子をみたほうがいいゴルファー

この3本立てでいきます。

じっくり読んでくださいね!

スポンサードサーチ

すぐにSIM MAXを買ったほうがいいゴルファー


結論から言ってしまうとSIM MAXを買ったほうがいいゴルファーは、方向性を重視しながら平均飛距離アップさせたいと考えている方に合うと思います。

ビッグドライブを狙うのではなく、アベレージの平均飛距離アップを目指すタイプのゴルファーに合うと思います。

テーラーメイドのカタログを見ると、「重いバックウェイト」「大型フェース搭載」などSIMドライバーより、やさしさを高めたドライバーになっていることを強調しています。

そんなこともあり、初級者から中級者ゴルファーさん、ヘッドスピードがあまり速くない方、さらにシニアゴルファーさんにも使ってほしいドライバーになっています。

SIM MAX購入は少し様子をみたほうがいいゴルファー


SIM MAXの購入を少し待ったほうがいいゴルファーさんは「ビッグドライブを夢みる人」「可変ウェートで調整をしたい」「ボールが吹き上がりやすい人」などです。

その理由は飛距離を出すにはSIM MAXよりSIMのほうが一発の大きな飛びが出るからです。

そしてクラブ購入後に可変ウェートなどを使いたい方については、ご承知のようにSIM MAXには可変ウェートが付いていないのでオススメできないからです。

さらに球筋が吹き上がりやすい人はSIM MAXではなくスピン量を抑えたデザインのSIMのほうが、ずばりオススメです。

SIM MAXに搭載されているテクノロジー


ではSIM MAXに搭載されているテクノロジーについて説明していきましょう。

SIM MAXに搭載されているニューテクノロジーは・・・。

  • 「アシンメトリーソールシェイプ」
  • 「イナーシャジェネレーター」
  • 「ツイストフェース」
  • 「スピードインジェクション」

などなどです。

今回はその中から新しいテクノロジーである「アシンメトリーソールシェイプ」と「イナーシャジェネレーター」について説明しましょう。

アシンメトリーソールシェイプは、空力効率を最大限にアップしたテクノロジーです。

正直に言ってしまうと、私はアシンメトリーソールシェイプで空力効率が最大限にアップしたことをしっかり感じることができました

でもこう書くと「私は空力性能を感じなかったけど・・・」「空力も感じないし、数値的に飛んでなかった・・・」です。

たしかに、そうかもしれませんね!

じつはスイングタイプ(スイング軌道、クラブヘッドの入射角度、スイング中の体重移動、スイングの捻転差)により結果の出方は変わってくるからです。

つぎにイナーシャジェネレーターです。

このテクノロジーはクラブヘッド後方に重いウェイトを設置して「飛距離」「直進性」を高めてくれる効果があります。

これについて、私はその恩恵を強く感じました。

方向性、アベレージ飛距離など、この二つの効果によりSIM MAXの素晴らしさ強く感じることが出来たのです。

SIM MAXをゴルフ場で試打してみました!

プロの間ではよく言われるのですが、新しいクラブを打つときに一発目がとても大事なんです。

SIM MAXはどうだったと言うと・・・。

初打ち一発目のティーショットは気持ちのよいドローボールでフェアウェイキープできました。

一発目からとてもいい感じのボールが打てたので、「SIM MAX、俺に合ってるかも」なんて思っちゃいますよね。

反対にミスショットすると、悪いイメージが先行してしまうものです。

しかし、まだ一発だけの試打だということもあり、たまたま良いショットが打てた可能性もあるので、その後も慎重に試打を続けます。

一発だけでSIM MAXを評価するわけには、もちろんいかないですものね!

その後、打ったボールもほぼ曲がらないボールばかりでした。

テーラーメイドによると、SIMMAXは方向性が高いデザインとのことですが、まさにその通りの結果が出てました。

試打した中で数発は芯を外した打球もありましたが、見た目、飛距離はほぼ変わりません。

評判通りの高い慣性モーメントがミスをカバーしてくれていたに間違いありません!

そして意外にもアベレージでの飛距離はSIMもSIM MAXもあまり変わらないという結果も出ました。

前評判ではSIMは大きな飛距離、SIM MAXは高い方向性が売りのドライバーでしたが、SIMに負けていないSIM MAXの飛距離に驚きでした。

もちろん、この結果は個人的なものなのでゴルファーによっては当然違いがあると思います。

一発の飛距離はSIMのほうが飛ぶと思いますが、スコアメイクができる、安定感の高いアベレージ飛距離はSIM MAXなのかな? と感じました。

最後にまとめです


SIM MAXは初心者から中級者ゴルファーでも使いやすいドライバーです。

叩いたり、振り切れるドライバーのSIMに対して、方向性を重視した球筋が出やすいドライバーはSIM MAXといった性能の違いがありました。

そんなこともありエンジョイゴルファーさんには、すばりSIM MAXがオススメです。

さらに購入する際は9度、10.5度の両方をテストして、自分のイメージした球筋が打てるロフト角を選ぶようにしましょう。

たった1.5度の違いですが球筋に大きな違いが出ることがありますよ!


今回は以上です。

ではHave a nice golf!(‘ω’)ノ

人気記事 ハンドファーストができなければアイアンは打てない!

人気記事 初心者ゴルファーは手首を正しく使えば上手く当たるようになる