ゴルフクラブの長さについて考えてみよう!

ゴルフクラブ

こんにちは宮下芳雄です。

今回はゴルフクラブの長さについて考えてみましょう。

ここ数年、アメリカのゴルフクラブ情報を見るとクラブの短尺化に向いているように感じます。

長さについては好みもあると思いますが、皆さんもぜひ一度ご自身のシャフトの長さについて見直してみて下さい。

ドライバーのシャフトは現在45インチが主流となっていますが、同じ45インチでも日本メーカーと、海外メーカーとでは計測の方法が違い、実際に長さも違っています。

ルールブックに記載されているクラブの長さはライ角度を60度にして長さを測定する方法で行われ、「18インチ以上48インチ以下」と定義されています。

しかし日本では各メーカーによってヒールエンド法と呼ばれる測り方で長さを記載しています。

ちなみに、ヒールエンド法はライ角度を60度にして長さを測定する方法に比べては0.5インチから0.75インチ程度長くなるとのことです。

そんなこともあり、まずは自分のクラブの長さを確認する時には正しい長さを計測する事からはじめてみてみたいですね。

有名ゴルフギアサイトなどで調べて見ると、現在プロの中で流行している長さは60度法で44-44.5インチで、元世界ランク1位のルーク・ドナルド選手が43.75インチと短めのドライバーを使っている事も有名ですね。

一般的に「長い方が飛ぶ」と言われますが、クラブを長くする事で得られる飛距離に与える要因はヘッドスピードが上がる事です。

しかし飛距離を出す為には「ヘッドスピード」「ミート率」「力積」などの幾つかの要因が必要とされるため、一概に「長いクラブを使えば飛ぶ」という事はありません。

これは私個人的な見解ですが、特にアマチュアゴルファーにはやや短めの方がオススメ。

たしかに長くすれば確かにヘッドスピードは上がりますが、ミート率が下がります。

対して短くすればヘッドスピードが落ちますが、ミート率は上がります。

ヘッドスピードが飛距離やボールの高さへの影響が大きいのに対して、ミート率は飛距離と方向性への影響が大きいのです。

ボールが曲がるリスク、ダフりやトップなどのミスの頻度を考えるとミート率を優先すべきというのがその根拠です。

クラブを短くする際の注意点として、今使っているシャフトをそのまま短くするだけでは正しい効果は得られません。クラブは短くすると「スイングバランス」が軽くなり、「キックポイント」は手元寄りになります。

基本的には既製のクラブというのは、そのままの状態が一番飛ぶように設計されていますので、自分に合った長さ、重さ、シャフトについては専門家であるクラフトマンやコーチに相談されるのが良いと思います。

ゴルフは道具を使うスポーツなので、クラブ選びもスコアを決定する重要な要素になります。

ぜひスイングだけでなく、自分に合った正しいクラブを使う事も覚えていくといいです。

人気記事 ハンドファーストができなければアイアンは打てない!

人気記事 初心者ゴルファーは手首を正しく使えば上手く当たるようになる