【2020】テーラーメイド SIM フェアウェイウッドとSIM MAX フェアウェイウッドの選び方

ゴルフクラブ

フェアウェイウッドの購入を考えているゴルファーSIM フェアウェイウッドSIM MAX フェアウェイウッドの違いってなにかな・・・。」

「自分に合うのはSIM フェアウェイウッド?、それともSIM MAX フェアウェイウッド?どっちなんだろう・・・。」

こういった疑問にお答えします。

見た目は同じように見える2つのFWですが、この2つのモデルには大きな違いがあります。

では具体的な違いを私が試打レビューを踏まえてお届けします!

本記事の内容

  • SIM FWの特徴&試打レビュー
  • SIM MAX FWの特徴&試打レビュー
  • まとめ

この記事を書いている私は、ゴルフ歴35年、2,000年にプロテスト合格、13年間テーラーメイドからクラブ契約をして頂いていました。

スポンサードサーチ

SIM FWの特徴


ボディとフェースはチタンを採用しています。

ヘッド体積が200㏄以下のFWではステンレスより軽いチタンを使うメリットが少ないこともあり、じつは多くメーカーはFWでチタンをあまり使いません。

つまりSIM FWはコストが掛かっているってことです。

そしてステンレスをチタンに変更したことで生まれた余剰重量をソール部分に集中させ、

テーラーメイド史上最も低重心なデザインにすることができました。

つまりボールが上がりやすくて、易しくなったってことですね。

ネックの弾道調整機能はSIMのみのデザインされています。

購入後にいろいろ、いじりたいゴルファーさんにはオススメです。

ヘッド体積は3番ウッドで180ccあります。

これはアスリートモデルのFWにしてはヘッド体積が大きいです。

そして飛距離についてはツイストフェースと組み合わせることでボール初速を上げ、余計なスピンが入りづらい設計になっています。

実際に試打しても初速の速さを強く感じました。

ヘッド後方部のデザインはシャローバックでボールが上がりやすいデザインになっています。

余剰重量をソール部分に集中したことも加わりロフト15度の3FWでもボールが楽に上がってくれます

SIM FWはゴルフ上級者、パワーヒッターにお勧め!


SIM FWはアスリートゴルファーが好む丸形のデザイン、とても構えやすく感じました。

打音は軽い金属音で打球はイメージより高く上がります。

球筋は低スピンで吹き上がりのない低スピン系の弾道。

アスリート向けのクラブですが想像していたより、やさしいクラブです。

ドローやフェードなどインテンショナルショットを打ちやすいクラブです。

SIM MAX FWの特徴


ボディはステンレス、クラウン部分は軽量カーボンを採用し低重心のデザインです。

SIM MAXほどは低重心ではありませんが、ボールは上がりやすかったです。

ヘッド体積は3番ウッドで185ccです。

SIM FWよりわずかに大きいヘッド体積です。

フェース面の溝の入り方がSIMと少し違うデザインです。

じつは、この溝のデザインとシャローバックのデザインなどが同じくボールを易しく上げてくれる効果があります。

ずばりSIM MAXはミスショットに強いです。

具体的にはSIMシリーズより大きい貫通型スピードポケットを搭載していたり、

ミスヒットでも初速が落ちにくいツイストフェースも搭載しているからです。

SIM MAX FWはミスショットの抑制、やさしさを感じました!


まずは構えたときの感想です。

意外かもしれませんがSIM MAX FWはSIM FWよりディープフェースに見えます。

これはヘッド体積がSIM FWより50CC大きいからなのかもしれませんね。

実際に試打してみるとSIM MAXはSIMよりスピン量が少し多く、途中から伸びるような弾道でした。

SIM MAXの打球音は、控えめで重厚感のある打球音でした。

打球音については好みが分かれるので、実際に打ってみてほしいですね。

そんなこともありヘッドスピードがあまり速くないゴルファーさんの方が合うと思います。

そしてMAXのほうがミスヒットに強く、打球の曲がり幅が狭く感じました

やさしさや、ミスショットの抑制と言う意味ではSIM MAXのほうが高く評価できると思います。

曲がり幅が狭いと言うことはクラブヘッドを開閉させにくいとも言えます。

スイング中にクラブヘッドを操作してインテンショナルショットを打ちたいと考えているゴルファーには、

物足りなさを感じるかもしれませんね!

最後にまとめ


両モデルに共通して言えることはヘッドスピードが速く出せることです。

こう言うと「プロや上級者だからじゃないの?」と思う方もいるでしょう。

しかし、平均100前後のアマチュアゴルファーさんでもヘッドスピードが速くなることを体感できています。

そしてSIMは高い飛距離性能、高い操作性があり、それでいて適度にミスに強いFWです。

FWに飛距離や操作性などを求めるなら、ずばりSIMがオススメです

SIM MAXはミスヒットに対して強く、さらに直進性も高いFWです

FWにミスの抑制や安定性を求めるならSIM MAXがオススメだと思います。

SIMのほうが、高い飛距離性能、調整機能の充実、コントロール性能など魅力的な要素が多くあります。

価格はSIM MAXよりSIMの方が購入価格が高くなりますが、それを上回るコスパがあると思います。

今回は以上です。

ではHave a good golf!

人気記事 ハンドファーストができなければアイアンは打てない!

人気記事 初心者ゴルファーは手首を正しく使えば上手く当たるようになる