バンカーショットの基本と打ち方のコツ

バンカーショット

バンカー苦手ゴルファー「バンカーショットの2つ基本基礎ってなんだ?そもそもバンカーとは何なのか?なぜバンカーは難しく感じるのか?バンカーショットが難しいロジック的な要因は?」

そんな疑問にお答えします。

この記事を書いている私は2000年に日本プロゴルフ協会プロテストに合格して19年ほど。
ラウンドレッスンは14年間ほどおこなっています。
そしてJGMセベバレステロスGCにて毎月18日回ほどラウンドレッスンを開催!

今回の記事内容

  • バンカーショットの二つの基本基礎
  • バンカーはコース設計者が意図的に作った罠である
  • なぜバンカーショットは難しいと言われるのか?
  • バンカーショットはアプローチショットの2倍くらいの力加減で打て!
  • バンカーショットは慣れたら意外に上手く打てるようになる

スポンサードサーチ

バンカーには2つの基本基礎があります!

その1つ目は「フェースを開く」ことです。

その理由はフェースを開くことにより必要以上にクラブヘッドが砂に潜り過ぎてしまうことを予防することができるからです。
しかし、初心者ゴルファーさんの中にはフェースを開くことに不安を感じる方も多くいます。
じつは中級者ゴルファーさんにとってもシャンクが起こりそうでフェースを開くことを苦手にしている方もいます。
初心者ゴルファーやフェースを開くことが苦手な方は、開かないで打つスタイルでもOKです。
ただし、通常バンカーはアゴが高いデザインになっていることが多いのでフェースを開くことに挑戦してほしいと思います。

2つ目はクラブを振る軌道

2つ目は「アウトサイドイン」軌道です。
アウトサイドイン軌道とはクラブを体から離すように上に高く上げ、ダウンスイングではクラブを左へ低く振り下ろす打ち方です。
このようにバンカーではふだんとは違った打ち方をすることが、バンカーショットを難しくさせているのです。
私が行っているコースレッスンで「アプローチのイメージでバンカーショットを打ってみてください!」とアドバイスをしたところ、
途端に上手くバンカーショットができるようになる方が多くいます。

バンカーはコース設計者が意図的に作った罠だ!


バンカーは、コース設計者がコースを難しくするために罠として作ったものなのです。
罠として作られているので、そのバンカーで上手くプレイができないのは、当たりまえなのです。
そういうと多くの方は「バンカーにボールが入ったら諦めるの?」と思ってしまうかもしれません。
しかし、けしてそうではなく、罠として意図的にデザインされているのでもともとミスが出やすいのです。
バンカーはコースを難しくするために罠なのでミスをしても気にすることはないのです。

なぜゴルファーはバンカーを難しく感じるのか?

バンカーショットは砂とボールを一緒に打たなくてはいけ無いので難しいのです。
さらに砂と一緒にボールを打つということは砂の負荷も計算に入れなくてはいけないのです。
つまりボールを打つイメージを変更したり、力の加減を変えなくてはいけないことがバンカーショットの難しさを高めているのです。
こう話すと「ダフってもいいんだから、簡単なのでは?」と思う方もいると思います。
たしかにダフッてもいいんだって思ったら、少し安心してバンカーショットできるかもしれませんね!
しかし、そのダフリ加減を安定させることが難しいのです。
さらにバンカーショットを難しくさせている要因は「ボールを上げないといけないこと」です。
ボールを上げるためにはフェースを開いたり、アウトサイドイン軌道でクラブを振るなど、通常とは違ったクラブの振り方をしなければならないのです。
これがバンカーショットをさらに難しくしている要因なのです。

あなたは通常の2倍以上の負荷でクラブを振ることを想像できますか?


ちなみにアプローチショットでクラブがボールに当たる瞬間の負荷はボール1個分(45.93グラム)です。
さらにバンカーショットではボール1個分の重さに加えて砂を打つ時の量も計算しなくてはいけません。
アメリカにあるショートゲーム専門のゴルフアカデミーのデータによると、サンドウェッジ(SW)を使った場合、だいたい70~100グラムの負荷があるとのデータがあります。
負荷が70~100グラムということは、同じ距離打つとしたら2~3倍のスイングスピードが必要なことになります。
当然振り幅も大きくなり、結果的にミート率が下がってしまうことになります。
このこともバンカーを難しくさせているもう一つの要因になるのです。

バンカーは習うより慣れろ!あなたはバンカーの練習をどれくらいしていますか?

「バンカーショットは習うより慣れろ!」
正しい知識を踏まえてバンカーから圧倒的な練習を繰り返し行い、砂に慣れて自信をつけましょう。
それがバンカーショット上達の近道です。

今回は以上です

人気記事 ハンドファーストができなければアイアンは打てない!

人気記事 初心者ゴルファーは手首を正しく使えば上手く当たるようになる