【ゴルフスイング】右腰の正しい使い方【練習方法も紹介】

アイアンショット ゴルフスイング ドライバー

意識高い系ゴルファーさん「右膝は伸ばした方がいいって雑誌に書いてあったけど本当?」「正しい右膝の使い方をしりたいな!」

こんな疑問にお答えします。

YouTube版でも公開しています

動画で学びたい方は、YouTubeからどうぞ。

情報量が多いいので分かりやすいです。

本記事の内容

  • アドレスの右膝は外側へ向けろ
  • バックスイングで右膝は伸びてもOK
  • ダウンスイングでは左膝の裏へ押し込め

この3つの内容で記事をお届けします。

こんにちはプロゴルファーの宮下芳雄です。

今回は右膝の正しい使い方を紹介します。

右膝の動作は意外に見過ごされがちですが、とても重要!

具体的には「スウェーが無くなる」「骨盤の回転ができる」「シャンクが無くなる」「美しいスイングになる」なったりします。

つまり、正しいフォームが身に付き、ミスが少なくなるのですね。

そして右膝の正しい動作を身につける為の練習ドリルも紹介していますので、

最後まで記事を読んでフォーム作りの参考にしてくださいね。

スポンサードサーチ

アドレスの右膝は外側へ向けろ


結論から言ってしまうと右膝は外側へ向けましょう。

では順序立てて説明しますね。

まずつま先を外へ向けて右膝もその方向へ向けましょう。

右膝を外へ向けると股関節が広がりバックスイングで骨盤が回転しやすくなります。

でも私がこういうと「私はつま先が外へ向けなくても骨盤が回るけど」と思う方がいるかもしれませんね。

窮屈さを感じない人は、つま先を外に向けなくてもOKです。

しかし、多くの方は股関節が硬く、骨盤が回転しにくく感じている方が多いいのです。

そして骨盤が回らないとバックスイングが窮屈になり「伸び上がり」「スウェー」のスイングエラーが起きやすくなるのです。

そんなこともあり右膝は外へ向けるのが正解なのです。

バックスイングで右膝は伸びてもOK


結論から言ってしまうとバックスイングでは、右膝は伸びてもOKです。

昔は膝は曲げたままと言われていましたが、

T・ウッズ選手のバックスイング見ても分かるように少し膝が伸びています。

じつは膝を伸ばすことにより、骨盤が回転しやすくなるのです。

こう私が言うと「伸ばし過ぎは良くないのでは?」「私は伸ばさなくても骨盤を回せます」と思う方もいますよね。

たしかに伸ばしすぎは良くないです。

さらに骨盤がスムーズに回転できる人は伸ばす必要がありません。

しかし、15年ゴルフ場でコースレッスンをしてきた経験で分かることは、

多くのゴルファーがバックスイングで骨盤が回らなくて悩んでいるのです。

そんなこともあり、T・ウッズのように少し右膝を伸ばしてバックスイングをしてほしいのです。

ダウンスイングでは左膝の裏へ押し込め


ダウンスイングでは、右膝を左膝の裏へ押し込みましょう

その理由は右膝が前にでると「シャンクのミス」「骨盤の回転不足」「右足体重スイング」になってしまうからです。

具体的な練習方法

  1. クラブシャフトを右太ももの上にのせます
  2. さらに先端を左膝の裏に通します
  3. シャフトがしなるようにテンションを掛けます
  4. テンションを掛けたまま、骨盤を回転させます

このゴルフ体操により、ダウンスイングでの正しい右膝の動作を身につけることができます。

ここ読んで頂いてありがとうございます。

今回は右膝にフォーカスをして記事をお届けしました。

すぐに練習成果が出ないと、挫折しそうになるかもしれませんが、

挫折しながらも、少しだけ頑張ってフォーム作りをして下さいね。

ではHave a nice golf!