【簡単】ダウンスイングで右肩が前に出てしまう癖を直す【スライス、引っ掛けも直る!】

アイアンショット ゴルフスイング ドライバー

こんにちはプロゴルファーの宮下芳雄です。
今回は「右肩が前に出てしまう悪い癖を直す」ことをテーマに記事をお届けします。

右肩が前に出るゴルファーさん「右肩が前に出てしまってアウトサイドイン軌道になり悩んでいる。スライスは出ないんだけど酷い引っ掛けがでてしまい困っている」

今回の記事は3分くらいで軽く読めてしまうです。
目次はシンプルに3つ。

本気の目次

  • 右肩が前に出るとどんなミスが多くなるのか?
  • 右肩をが前に出る癖を直す方法
  • 右肩は前に出さないで下げるのが正解

この3項目で動画をお届けします。

YouTube動画で詳しく解説しています

動画なので情報量が多くて分かりやすいです。ゴルフ経験が少ない方でも簡単に理解して頂けると思います。

スポンサードサーチ

右肩が前に出るとどんなミスが多くなるのか?


まず一つ目は右肩が出るとどんなミスが出るのかです!
大きく分けて2つのミスが出ます。

一つ目はスライスのミスです
その理由は、右肩が前にでるとクラブヘッドがアウトサイドから下りてきやすくなるからです。
つまりアウトサイドイン軌道になるんです。
さらに軌道に対してフェースが開いてしまうとスライスのミスになってしまうんです。

そして二つ目のミスは引っ掛けのミスです
じつは、スライスと同じように軌道は、アウトサイドイン軌道です。
しかし軌道に対してフェースがオープンにならないとスライスにならないで、
左へ真っすぐ引っ掛けボールが出てしまうんです。
つまり軌道は同じでもフェースの開閉により右へも左へもボールが飛んでしまうミスがでてしまうのです。

つぎは、具体的な右肩が前に出てしまう直し方です。
続けてご覧ください

右肩をが前に出る癖を直す方法

結論直し方が2つあります。
このチャンネルを見て頂いている視聴者さん自身で、気に入った方を選んでみてください。

一つ目は「左手でクラブを杖のようについて左肩が開かない準備動作をする」ことです。
詳しく説明していきましょう。

  1. 左手でクラブを杖のようにつく
  2. 右手1本でシャドウスイングをする
  3. 注意点は、左肩と手の位置をかえない。骨盤も回転させる

これにより左肩の開きが抑制され、結果的に右肩が前に出なくなります。

二つ目は「右肩を左手で押さえて素振りをする方法」です。
これも分かりやすく解説します。

  1. 左手で右肩を押させる
  2. 押さえたまま、右へ1本でシャドウスイングをする
  3. 顔が左を向かないようにする。骨盤の回転もお忘れなく!

紹介した二つの方法は、結果的に同じ効果がありますが、
ゴルファーのスタイルによって、効果の出方が違います。
両方試してみて自分にあった方を取捨選択してみてくださいね。

合わせて読んでほしい記事

【簡単】中学生でも理解できる下半身主導でスイングをする方法を順序立てて解説

右肩は前に出さないで下げるのが正解


結論、右肩は前に出さないで下げるのが正解です。
その理由は、ゴルフは前傾してスイングをしているからです。
これだと全くわからない方もいると思うので、かみ砕いて説明しますね!

まずゴルフは、地面にあるボールを打つスポーツです。
そんなこともあり、上半身を前傾させないと地面にあるボールを打つことができないんです
ちなみに野球やテニスは、空中にあるので前傾をしないでボールを打ちます。
前傾をしないで肩を回すと肩は水平回転をします。
しかし、前傾をして肩を回転させると肩は上下動するんです。
そんな理由で、右肩は前に出さないで下げるのが正解なのです

今回は、右肩を前に出さないことをテーマに動画をお届けしました。
スライスと引っ掛けが出てしまってゴルフが少し辛くなってしまっている方に良いヒントをお届けできていたとしたら嬉しいです。
では今回は以上です。
Have a nice golf!