【簡単】ダウンスイングで当てにいく動作を直す3つのコツ!

ゴルフスイング

こんにちは宮下芳雄です。
今回は「当てにいくスイングを直す」ことをテーマに記事をお届けします。
こんな方いませんか?

当てに行くスイングで悩むゴルファー「当てて終わってしまう打ち方でクラブを振り抜けなくて悩んでいる。当てに行くスイングの原因や直し方を教えてほしい」

そんな方は今回の記事を最後まで読んで頂いて当てにいくスイングを直すことが出来るヒントを見つけてくださいね。
一番最後にラウンド中でも当てにいくスイングを直す方法を紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。
今回の目次は3つです。

本記事の目次

  • 当ていくスイングを動作を意識して直す
  • 当ていくスイングを直す練習方法
  • 当ていくスイングをラウンドしながら直す

この3項目で動画をお届けします。
ではスタートです。

YouTube動画で詳しく解説しています

動画なので情報量が多くてわかりやすいです。当てにいくスイングの改善を簡単に理解して頂けると思います。

スポンサードサーチ

当ていくスイングをフォームに気を付けて直す

結論を先に言ってしまうと2つ動作を直しましょう。
順序立てて説明します。

①上半身が突っ込む動作を直す


上半身が目標方向へ突っ込んでしまう動作を直しましょう
その理由は、上半身が目標方向へ突っ込んでしまうとクラブが振り抜けなくなるからです。
つまり、インパクトでクラブを止めるようなスイングになってしまうからです。


対処法は、意外にシンプルで右足一本で素振りをするだけでOKです
このときに注意するのは上げている左足を地面につけないことです。
最初は、慣れていないので上手くいかないと思います。
でも3分くらい続けるとすぐに慣れて片足でも立っていられるようになります。
この素振りをすることで簡単に突っ込みスイングを直すことが出来るのです。

②インパクト以降で腕を伸ばす


結論、インパクトで腕を伸ばす動作を意識しましょう
じつはインパクトで腕を伸ばそうとすると、反動で頭の位置をビハインドさせるようになります。
つまりボールより後ろに頭を残してスイングすることができるのですね。
結果として当てに行くスイングを抑制することができるという訳です。

簡単な対処法としては右手で地面にむけてボールを投げるエクササイズがオススメです
自然に腕をリリースさせる動作が体に残るようになります。

当ていくスイングを直す練習方法


ずばり言ってしまうとボールではなくガムテープを剥がすイメージでスイングをしましょう
言い方を変えると「ピンポイント→ゾーン」でインパクトする感じです。
このガムテープを剥ぎ取るイメージでスイングをするんです。
ゴルフ場だと鋭角にクラブを深く打ち込むのではなく、芝生を薄く長くターフをとる感じですね!

  • 人工マットに15センチくらいの長さにガムテープを貼ります
  • ガムテープを剥ぎ取るように素振りをします

実際にやってみると分かるんですが打ち込み過ぎでもなく、すくい打ちでもないスイングができるようになります。
当てて終わりのピンポイント的なインパクトではなくガムテープを剥ぎ取るようなゾーンでインパクトするスイングがこの練習で体感できるはずです

当ていくスイングをラウンドしながら直す


ラウンド中でもすぐにできる簡単なコツを2つ紹介。
順序立てて説明しますね。

①右足一本で素振りをする


ラウンド中にこの素振りをショット直前におこなうと上半身の突っ込みを直せる効果があります。

  • まず右足1本でアドレスをします。
  • 次にそのまま右足1本で素振りをします。
  • 上げている左足を地面につけないようにフルスイングで素振りします。

これによりスイング軸がダウンスイングで目標方向に傾かなくなり結果的に上半身から打ちにいくスイングを矯正することができるのです。

②フォロー素振り


ずばりこの素振りをおこなうと振り抜きを改善できる効果があります。
順序だてて説明していきましょう。
いつも通りに構えます

  • バックスイングをしないでアドレスからフィニッシュへ向けてクラブを振り抜きます。
  • クラブシャフトが背中に当たるくらいまで振り抜きます。
  • この素振りを5回おこないます。
  • 素振りをしたあとでフルショットで打球をします。

以前より振り抜きを強く感じることができるはずです。

今回は「当てにいくスイングを直す」ことをテーマに記事をお届けしました。
最後まで読んで頂いてありがとうございます。
ではHave a nice golf!
さようなら~