【簡単】バックスイングで肩が90度回らない【練習方法も説明】

アイアンショット ゴルフスイング ドライバー

エンジョイゴルファーさん「バックスイングで肩が回らなくて悩んでいる」「肩がもっと回ればボールが飛ぶのにな!」

そんなゴルファーさんは、この動画を最後まで見て頂いて、肩が90度まで回るフォーム作りの参考にしてください。

本記事の目次

  1. チンバックなら肩を90度回せる
  2. ヒールアップして肩を回しやすくしよう
  3. 肩じゃなくて胸元を右へ向ける

今回は、この3項目でお届けします。

ではじっくりご覧ください!

スポンサードサーチ

チンバックなら肩を90度回せる


結論から言ってしまうと、肩ではまくアゴを意識しましょう

アゴ??って思う方いるかもしれませんね!

アゴを意識するとはを深堀して説明すと、「チンバック」のことなんです。

肩や肩甲骨など体が堅い人でもチンバックをすれば90度まわるようになります。

ちなみにチンバックとは、バックスイング時に顎を右へ向けながらバックスイングをすることです

では具体的にその方法を説明していきましょう。

  • バックスイングのスタートでアゴを右へ向ける
  • そのままバックスイングする

たったこれだけなんです。

バックスイングを始めるときにアゴの向きを自分から見て右へ向けるだけなので、

コツをつかめば体の硬い人でもすぐに方が回るようになります。

さらにアゴを右へ向けるシンプルな動作なので、ゴルフ初心者の方にも簡単にやって頂けると思います。

ヒールアップして肩を90度回しやすくしよう


すばり、ヒールアップしながらバックスイングをすると肩が90度回りやすくなります

ちなみにヒールアップとは??

バックスイングの始動時に右足のカカトを少し上げる動作のことです

でもこう私が言うと「ヒールアップするとミート率が低くなるのでは?」「軸がブレてミスしそう」と思う方のいると思います。

たしかにそうかもしれませんね。

慣れない動作に対して不安を感じる方もいると思います。

しかし、体が堅く肩が回転しにくい人は、ヒールアップすることで、

スムーズに肩を回転できたり」「気持ち良くバックスイングができたり」します。

正直に言って最初は、多少ミスは出てしまうかもしれませんが、

良いショットを打つには、「気持ちよくスイング」「スムーズにスイング」することが私は重要だと考えています。

そんなこともあり、ヒールアップをしてバックスイングしてほしいと思うのです

お願いします。

肩じゃなくて胸元を右へ向ける


15年ゴルフ場でコースレッスンをしてきて思うことは、

「肩を回転しましょう」より「胸元を右へ向けましょう」のアドバイスの方が、スムーズにバックスイングができていることです

肩を意識するのではなく、胸元を右へ向けるイメージの方が肩を90度回しやすくなります。

このときに注意するポイントが1つあります。

軸が右へにずれないように気を付けましょう。

つまり、スウェーしないようにすることです。

ちなみにスウェーしない方法は【直さないとゴルフ上達が遠のく!スウェーの改善方法】の動画を参考にしてください。

あわせて読みたい

【ゴルフ初心者】バックスイングの上げ方はこれだけ知っていれば大丈夫!

最後まで読んべ頂いてありがとうございます。

今回は体が硬い人でも90度肩を回せる方法をお届けしました。

紹介させて頂いた3つの方法から皆さんが合う方法を取捨選択してくださいね。

ではまた次回です。

Have a nice golf!