アプローチが苦手な人はコレを練習!コレをやるとソールが滑るようになる!

アプローチショット ゴルフレッスン ショートゲーム

こんにちはプロゴルファーの宮下芳雄です。
今回は、ソールを滑らせるアプローチショットの打ち方を紹介します。
こんな方いませんか?

アプローチ苦手ゴルファーさん「ショットは良いんだけど、アプローチになるとダフリのミスばかり!ダフリまでは出ていないんだけど、クラブが芝生に引っ掛かり抜けが悪い」

そんなゴルファーさんは、今回の動画を最後まで見て頂いてソールを滑れせて打つヒントを見つけてくださいね!

今回の目次は3つです。

本記事の目次

  • 上げるアプローチではシャフトを握ってダフリを無くす
  • 上げるアプローチではソールを滑らせてザックリを予防
  • 上げるアプローチも下半身リード

この3項目で動画をお届けします。
あたらためてスタートです。

YouTubeでさらに詳しく解説しています

スポンサードサーチ

上げるアプローチはシャフトを握ってダフリを無くす


先に結論を言ってしまうと、アドレスでグリップを短く握りましょう
具体的には、指がシャフトにかかるくらい極端に短く握ってください。
短く握るとわかるのですが、クラブが軽く感じるはずです。

じつは、クラブを軽く感じられるとクラブヘッドからダウンスイングが始まってしまう悪い動作がでにくくなるんですね。
結果としてザックリやダフリが起きにくくなります。
そんなこともありアドレスでグリップを短く握ってほしいんですね

一点注意するポイントは、このままだと「トップのミス」が出やすくなるので、
短く握ったら、必ずアドレスで「膝を曲げる」「腰を低くする」ことを忘れないでください。

上げるアプローチはソールを滑らせてザックリを予防


ずばりバックスイングでクラブを低く上げましょう
もう少し具体的に言うとソールを15センチくらい引きずるようにバックスイングしてください。

じつはバックスイングを低く上げると、ダウンスイングでもクラブヘッドが低く戻ってきます

これが出来るとクラブのソールを滑らせるような打ち方が、しっかりできるのです。

これとは逆にクラブを高く上げてしまうと、クラブが鋭角に下りてくるようになり、

結果的にクラブのリーディングエッジ(歯の部分)が芝生に刺さりやすい打ち方になってしまい

少しでもボールの手前を打ってしまうとザックリになってしまうのです。

しかし、私が高いうと「僕は打ち込む打ち方で上手く打ててます」と思う方もいるでしょう。

そんな方は、その打ち方で大丈夫です!
でもダフリやザックリで悩んでいるゴルファーさんは、バックスイングを低く上げて、

ソールを滑らせる打ち方をしてみてくださいね。

そして、ソールを滑らせる打ち方だど、仮に少しボールの手前を打ってしまったとしても、
ソールが滑ってくれるのでザックリなどの大怪我をしなくて済みます。

そんなこともあり、バックスイングを低く上げてソールを滑らせる打ち方をしてほしいんですね。

合わせて読んでほしい記事

【初心者ゴルファー】転がすアプローチでグリーン周りでの行ったり、来たりをなくす!

上げるアプローチも下半身リード


結論、ダウンスイングを下半身リード(骨盤の回転)から始めましょう
つまり手打ちを抑制することが大事なんですね。

手打ちでアプローチをしてしまうとクラブヘッドを鋭角に打ち込み過ぎてしまうのですが、

骨盤の回転を上手く組みわせると、クラブヘッドを打ち込む角度を少し鈍角にすることができるのです。

でもこう私が言うと「ショットはできるけどアプローチは難しいな・・・」と感じる方がいると思います。
たしかにそうかもしれませんね。

そこでアプローチでも簡単に下半身リードができる方法を紹介しましょう。

まずアドレスをしたら、オープンスタンス(足を目標よりも左へ向けます)にします
さらに足だけでなく、骨盤も左へ向けましょう

足は左へ向けていても、骨盤までは左へ向けていない方もいるはずです。
下半身リードをしやすくするために、アドレスで骨盤も左へ向ける工夫をしてみてください。

単純ですが無意識で下半身リードでアプローチができるようになります
少し特殊なので、しっかり練習をしてからラウンドで試してみてくださいね。

今回はソールを滑れせて、アプローチでダフリやザックリなど大きなミスを予防する方法を紹介しました。

アプローチはスコアメイクの要です。
ミスの無いアプローチを武器にしてベストスコア更新に挑戦してきてくださいね。
今回は以上です。
Have a nice golf!