【悲報】あなたがドライバーを飛ばせない5つの理由【練習法、クラブ、思考で解決!】

ゴルフスイング ドライバーの打ち方

エンジョイゴルファー「スイングが良くなったと思うんだけど飛距離が出ない。ドライバーを新しく買い替えたけど以前より飛ばなくなった」

こんにちはプロゴルファーの宮下芳雄です。
今回は、ドライバーの飛距離で悩んでいるゴルファーさんに向けた記事をお届けします。
ゴルフ経験が少ないから初心者ゴルファーさんから中級者ゴルファーさんまで、簡単に理解して頂ける内容になっています。
ではじっくりご覧ください!

今回の目次は5つです。

本記事の目次

  • ドライバーを飛ばしたいのにミート率に特化した練習をしていない
  • ドライバーを飛ばしたいのに本当の脱力ができていない
  • ドライバーを飛ばしたいのにゴルフクラブの性能を生かせていない
  • ドライバーを飛ばしたいのにスイング作りの手順を間違えている
  • ドライバーを飛ばしたいのにゴルフ場で正しい思考ができていない

動画なので情報量が多くて分かりやすいです。初心者ゴルファーさんにもドライバーを飛ばす基本基礎を簡単に理解できます!

スポンサードサーチ

ドライバーを飛ばしたいのにミート率に特化した練習をしていない


結論、ドライバーを飛ばしたければミート率をアップする練習をしましょう。
その理由は、ヘッドスピードは速くでもミート率が悪いと飛距離がでないからです。
つまりボール初速が速くならないからです。
具体的な改善方法は、プレインパクトドリルがオススメです。
この後、このプレインパクトドリルを順序立てて説明していきます。

プレインパクトドリル

  • 腰の高さまでクラブを上げる
  • インパクトの位置にクラブヘッドを戻す
  • 2~3回繰り返す
  • ボールを打つ

これによりクラブヘッドを構えていた位置に戻す感覚(再現性)が高ます。
つまりミート率が上がり結果として飛距離がアップするはずです。
皆さんもミート率に特化した練習をしてドライバーを飛ばしましょう。

ドライバーを飛ばしたいのに本気の脱力ができていない

ずばり言ってしまうと、本気の脱力ができていません。
その理由は、頭の中で脱力をしようと思うだけの方が多いいからです。
具体的に本気の脱力を2つ紹介しましょう。

①ゆるゆるグリップ

クラブヘッドを上に向けてクラブを左右に大きく揺らすことが出来ればOKです。
ちなみに脱力ができていないとクラブを揺らすことができません!
手の中でグリップが遊んでしまうくらいにゆるゆるでグリップをしてみてくださいね!

②畑岡奈紗ちゃんの真似をする

LPGAのトーナメントをよく見る方はご存じだと思いますが、ピョンピョン跳躍するあれです。
これを本気でやってほしいんです。
具体的には、跳躍しながら両肩を大きく上下に動かします。
知識として知ってはいても脱力の仕方が不足している人がほとんどです。
ポイントは本気です!
かなり大袈裟に肩を上下動させてみて下さい!
ちなみに脱力についてもっと詳しく知りたい方はコチラをご覧ください↓

あわせて読んでほしい記事

力みやすい人にオススメ!脱力スイングのコツ5選

ドライバーを飛ばしたいのにゴルフクラブの性能を生かせていない


結論を言ってしまうとゴルフクラブの特性を理解して、それに合ったスイングができていないと逆に飛距離が出なくなります。
例えばテーラーメイドから新しく発売されたステルスドライバーの場合はこんな感じです。
ステルスやステルスプラスはスピン量が少ないデザインになっています。
反対にステルスHDはスピン量が多くなる設計されています。
つまり普段の自分の球筋を想像して、もし視聴者さんがスピン量が多くて吹き上がっている球筋(3000回転前後)だったり、地面に落ちてからのランが少ないボールが多いい場合は、
スピン量の少ないステルスやステルスプラスが合うはずです。
反対にヘッドスピードが遅かったり、スピン量が少なくて(2000回転前後)ボールが上がらなかったり、打球が失速気味の球筋の場合はステルスHDが合うハズです。
つまりPGAツアーのプロの憧れでドライバーを選んだり、実力以上のスペックを使うのは、注意が必要なのです。
そんなこともありゴルフクラブの特性を理解して、ゴルフクラブの性能を生かした使い方をしてほしいんですね!

ドライバーを飛ばしたいのにスイング作りの手順を間違えている


結論、手打ちからフォーム作りを初めて、その後で肩や骨盤の回転を組みわせましょう。
その理由は、まず手打ちから始めることによりボールに当てる打ち方ができるからです。
でもこう私がいうと「宮下さんは、よく骨盤の回転って言ってるのに、今回は言ってることが違くないですか?」と思う方もいるでしょう。
確かにその通りで、ふだん私は記事のなかで骨盤の回転をすごく言っています。
しかし、一からフォーム作りしようとしたり、基本基礎からスイングを練習しようとするケースで、
骨盤の回転からいきなり初めてしまうとボールが当たらなくなることが多々あります。
当たらなくなると、ほとんどの人が挫折してしまいフォーム作りを諦めてしまうのです。
そんなこともありまず手打ちでボールを当てる感覚を高めておいてから、次のステップで骨盤、肩の回転を組みわせていけばよいのです。

合わせて読んでほしい記事

【簡単】中学生でも理解できる下半身主導でスイングをする方法を順序立てて解説

ドライバーを飛ばしたいのにゴルフ場で正しい思考ができていない


ずばり言ってしまうとボールを飛ばそうと思うときはOBがない広いホール、ドックレッグでないストレートなホールなどティーショットでプレッシャーを感じないホールで飛ばしを意識しましょう。
その理由は、OBや狭いホール、曲がっていたり打ち上げなどのホールでは、そのデザインに影響をされてフォームが崩れてしまうからです。
そしてフォームが崩れてしまうとボールが曲がってしまったり、ミート率が低くなってしまうのです。
結果としてボールを飛ばそうと思っても、ミスショットが出てしまい飛ばなくなるのです。

今回は、「アマチュアゴルファーさんがドライバーを飛ばせない5つの理由」をテーマに動画をお届けしました。
最後まで読んで頂いてありがとうございます。
今回は以上で終わります。
Have a nice golf!
さようなら~