トップとダフリが両方でてしまうスイングを直す【じつはミスの原因は同じ】

アイアンショット ゴルフスイング ゴルフ初心者

悩み多きゴルファーさん「ダフったと思ったら、つぎはトップ、両方のミスが交互にでてしまいショックで頭の中が混乱しています」

そんなゴルファーさんは、今回の記事を最後まで見て練習の参考にしてください。

じつはエンジョイゴルファーさんのダフリとトップの原因は同じことが多いんです

その理由をこのあと順序立てて説明していきます。

本記事の目次

  • トップの原因は一度地面をタッチした後にアッパー軌道でインパクトしていることだ!
  • ダフリ、トップを無くすために右の骨盤を下げずに回転させよう

スポンサードサーチ

トップの原因は一度地面をタッチした後にアッパー軌道でインパクトしていることだ!


言い方が少し変ですが、正しいトップボールは、ボールの赤道より上、簡単に言うとボールの頭を打ってしまうことです

結果はチョロとかゴロなど低いボールしかでません。

レッスンをしていて、そのようなトップが出てしまうゴルファーさんは、じつは少ないです。

しかし、こう言うと「私は間違いなくボールの頭を打っている」と思う方もいるでしょう。

たしかに直接ボールの頭を打っている方もいます。

しかし、ほとんどの人は、ボールをヒットした感触、つまり打感だけで、トップという間違った自己判断をしているのです。

私がコースレッスンを15年おこなってきて感じることは、

多くのアマチュアゴルファーさんはボールの手前で一度地面にクラブヘッドをタッチしてからボールを打っています。

打ったときはトップボールの感触ですが、一度地面をタッチしてからボールの頭を打ちトップしているのです

そんなこともあり、本当はダフっているのにトップのミスだと勘違いしていることが多いいのですね。

とくに練習場では下が人工マットなのでそれに気づいていない人が多くいます

そしてその原因はボールを上げたいという気持ちだと私は考えています。

当たり前ですが、ボールを上げたくなると、すくい打ちになります。
結果として手打ちスイングになったり、体重が右足に残るスイングになるのです。

これがダフリとトップの両方出てしまうスイングの正体です。

右の骨盤を下げずに回転させよう


そこでみなさんが知りたいのは、どうやったらダフリとトップを直せるのかですね。

結論から言ってしまうと「アッパー軌道」「すく打ち」を改善することです

具体的には、クラブがボールに向かい下りてくる角度(入射角度)を浅くする。
さらにフォロースルーを低く振り抜く。

この2点が大事です。

とくにスイング動作では右骨盤を下げないよう意識していきましょう。

私の右骨盤を見てください。

ここが下がってしまうとアッパー軌道になりすくい打ちになってしまうのです。

ドリルとしては左手を左膝につけてシャドウスイングすることがオススメです。
これにより右骨盤が下がらなくなります。

詳しく説明しましょう。

すくい打ち改善素振り

  1. 左手で左膝を触る
  2. 右へ一本でシャドウスイングをする
  3. 左手が左膝から離れないように注意する
  4. 素振りとイメージを残した素振りを交互におこなう

これにより「アッパー軌道」「すく打ち」を直すことができます。

慣れない動作は難しく感じると思いますが少しだけ頑張って下さいね。

では今回は以上です。

Have a nice golf!

人気記事 ハンドファーストができなければアイアンは打てない!

人気記事 初心者ゴルファーは手首を正しく使えば上手く当たるようになる