【ゴルフレッスン】背骨の角度を意識しないとゴルフ人生の遠回りをしますよ【練習法も紹介】

アイアンショット ゴルフスイング ゴルフレッスン ゴルフ初心者

こんにちは宮下芳雄です。

今回はスイング中の前傾角度(背骨の角度)の伸び上がり、起き上がりで悩んでいるゴルファーさんへ向けた記事です。

エンジョイゴルファーさん「前傾角度が起き上がってしまいトップボールばかりで困っている」「伸び上がりスイングでフェースが開いてしないボールが右にしか飛ばない」

こんなミスばかりだと、ゴルフに対してのモチベーションも低くなってしまいますよね。

こんなお悩みの方はこの記事を最後まで読んで、ぜひ自主練習の参考にしてください。

では順序立てて説明していきましょう。

本記事の項目

  • 前傾角度が伸び上がる原因は?
  • 何を意識したら直るのか?
  • 大袈裟におこなうことがコツ!

この3項目でお届けします。

スポンサードサーチ

前傾角度が伸び上が原因は?

じつは前傾角度が伸び上がってしまう原因は多くあります。

  • アドレスで重心が高い
  • 体が硬いので体を回すと伸び上がってしまう
  • ボールを上げる意識が高い
  • つま先体重でスイングをしている

じつは他にも前傾角度が伸びあがってしまう原因はまだまだあります。
今回はその中からお尻の位置に焦点を当てて、前傾角度を安定させるお話をしていきます。

ポイントは「お尻の位置」です!


お尻を壁につけます。
スイングを始めると左のお尻が椅子の背もたれから離れます。
そのお尻がダウンスイングで元の位置に戻れば大丈夫です。
さらに骨盤が回転し続けてフィニッシュまでスイングをします。

お尻の位置が変わらないと!


お尻の位置が変わらないことによりインパクトでも前傾角度を保つことができています。

位置が変わると?


反対にお尻が正しく戻らないと、前傾角度が伸び上がってしまうことに気付けるハズです。
お尻が元の位置に戻らないことによって、結果的に前傾角度をキープできないスイングになっています。

大袈裟におこなうことがコツ!

私が行っているコースレッスンでお客様にその感想をお聞きすると…

「最初はお尻を後ろに大きく突き出しているかのような感覚なんですね」
「イメージよりかなり大袈裟にやらないとできないね!」

と話してくれました。

かなり大袈裟に動作を行うことがコツです

しかし、慣れない動作はとても違和感があることと思います。

繰り返し練習をすることで正しいスイングが定着してくるようになります

焦らずみなさん一人ひとりのペースでじっくり練習していきましょう!

前傾角度を矯正して秋本番ゴルフへ向けた調整をしてみてくださいね。

ではHave nice golf!

人気記事 ハンドファーストができなければアイアンは打てない!

人気記事 初心者ゴルファーは手首を正しく使えば上手く当たるようになる