【ゴルフスイング】右肩の正しい使い方【飛ばして曲げない】

アイアンショット ゴルフスイング ドライバー

エンジョイゴルファーさん「右肩の使い方が分からなくて悩んでいる」「右肩が正しく回転できているか不安」

そんなお悩みのを解決します。

こんにちはプロゴルファーの宮下芳雄です。

今回は「右肩の正しい動かし方」について記事をお届けします。

肩と言うとすぐに回転させることをイメージしますが、

今回はそれ以外の情報も含めて解説をしていきますので、

記事を最後まで見て、正しいフォーム作りの参考にしてくださいね。

ではスタートです。

今回の目次は3つ

本記事の目次

  • アドレスで右肩は下げるのが正解
  • 右肩をダウンスイングでは下げる
  • フィニッシュは肩をで顎に当てれると飛ぶ

スポンサードサーチ

本当!?アドレスでは右肩は下げることが正解


右肩は左肩より下げて構えましょう

その理由は、クラブを握るときに左手より右手を下にして握るからです

一見すると同じ高さで構えたほうが良いような気もしますが・・・

じつは左右の肩が同じ高さスイングをすると、リバースピボットと言って

ギッタンバッコンスイングになりやすくなります。

結果としてダフリやトップボールのミスが出やすくなります。

そんなこともあり、右肩は左肩よりも下げて構えることが正しいのです。

昔とは真逆、正しいダウンスイングは右肩を下げる

結論から言ってしまうとダウンスイングでは右肩を下げるのが正解です

こういうと「右肩を下げてもいいの?」「なんかダフリそうで怖いけど」と思う方もいるでしょう。

たしかに、ひと昔のレッスンでは、「右肩を下げるな」と言っていました。

しかし、ゴルフスイングでは上半身を前傾させて肩を回転させるので、右肩は下がるのが自然なのです。


実際にアドレス時の肩の位置とダウンスイングで肩を回転させたときの肩の位置を比べると、

ダウンスイングした時の右肩の方が低くなるのです

でも私がこう言うと「ダフリそうで怖い」「右肩を下げるとダフるんだけど」と言う方がいると思います。

たしかにそう感じる方が多いいかもしれません。

しかし、ダフッてしまう原因は右肩ではなく「手首が早くほどける」「右腰が下がる」ことが原因なのです。

そして、そもそも何で上半身を前傾させなければいけないのかというと、

ゴルフは地面にあるボールを打たなければいけないからです。

それと反対に野球やテニスなど空中にあるボールを打つので、前傾はしなくてよいのです。

話を整理すると、

  • ゴルフは地面にあるボールを打つスポーツです
  • その為には上半身を前傾させなければいけません
  • 前傾して肩を回転させると右肩が下がるのは自然な動きなのです

そんなこともあり、右肩を下げてダウンスイングすることが正解なのです。

フィニッシュで肩を顎に当てれると飛距離が伸びる

フィニッシュでは右肩が顎に当たるくらい振り抜きたいですね

これにより、スイング中に腕が伸びるようになったり

スイングスピードを上げることができます

しかし、多くの人がインパクトで止めてしまうスイングだったり、

クラブを振り抜けるスイングができなかったりしています。

その為にはフォロースルーに特化した素振りをしていきましょう。

その特殊な素振りを詳しく説明していきます。

フォロー素振り


いつも通りに構える

バックスイングしないでフォロースルー側へクラブを振り出す

右肩が自分の顎に当たるまでクラブを振り切る

クラブシャフトが右肩を押し出す

ポイントは意識するのは腕ではなく右肩が自分の顎に付くようにすることです

さらにフォロースルーに特化した素振りと打球を交互におこなうことにより、

右肩が顎に当たるような大きなスイングが、安定してできるようになるはずです。

慣れない動作は違和感があり、ボールが上手く当たらないかもしれませんが、少しだけ頑張ってみて下さい。

継続してフォーム作りをすることがゴルフ上達の近道です。

ここまで記事を読んで頂いてありがとうございます。

これからの季節は気温が下がるにつれて体が硬くなりやすくなりますよね。

肩も回りにくくなるはずです。

そんなこともあり今回の記事を参考にして頂いて、正しい右肩の動作を身につけてほしいと思っています。

ではHave a nice golf!

投げ銭をいただけると、メチャメチャ嬉しいです

人気記事 ハンドファーストができなければアイアンは打てない!

人気記事 初心者ゴルファーは手首を正しく使えば上手く当たるようになる