【ゴルフスイング】腰、骨盤を正しく回せる左足の使い方!

ゴルフスイング

こんにちはプロゴルファーの宮下芳雄です。
今回は「左足の正しい使い方」をテーマに記事を書きました。

スイングで悩んでいるゴルファーさん「右足の使えるようになったので今度は左足の使い方を教えてほしい。今まで左足は意識してこなったので正しい動作を学びたい」

そんな方は今回の記事を最後まで読んでいただいて正しい左足の使い方を身につけて下さいね。
今回の目次は2つです。

本記事の目次

  • バックスイングでの左足の使い方
  • ダウンスイングでの左足の使い方

この2項目で記事をお届けします。

YouTube動画でも紹介しています

動画だと情報量が多いので分かりやすいです!ゴルフ初心者さんでも簡単に理解できますよ!

スポンサードサーチ

バックスイングの右足の使い方

まずは足を3つの部位に分けて動作の説明をします。
ではスタート!

1つ目はバックスイングの左足です


まず左足はヒールアップしてバックスイングすることを意識しましょう
その理由は、ヒールアップすることよって骨盤が回りやすくなるからです。
しかしこう私が言うと「私はヒールアップなくても骨盤が回るけど・・・」「ヒールアップすると軸が動いてしまうけど・・・」と思う方がいるでしょう。
そんな方は、ヒールアップしなくても大丈夫です。
でも、ゴルフする男性の多くが45歳以上と言うこともあり、若いころより体が硬くなっていると感じる方な多いはずです。
そして体が硬いのにヒールアップをしないで無理に体を回そうとすると逆にスイング軸がズレやすくなったりします。
そんなこともあり左足をヒールアップしてバックスイングしてほしいんですね。
お願いします!

2つ目はバックスイング左膝です


結論、バックスイングで左膝は前方に右前方へ出るのが正解です
その理由は、左膝を右前方へ出した方が骨盤が回転しやすいからです。
でもこう私が言うと「左膝が右前方へ出すとスイングが前後動になるのでは?」と思う方がいると思います。
たしかにそんな気もしますよね。
しかし、実際にやってみると左膝が右前方に出るとスムーズに骨盤が回り、
結果として軸を中心とした体の回転がしやすくなるんです。
そんなこともあり左膝を右前方へ出すのが正解です。
ちなみに松山英樹プロも左膝を右前方へ出してバックスイングをしていますよ。

最後3つ目はバックスイングの左太ももです


ずばり左太ももは右へ軽くねじるのが正解です
その理由は、左太ももを右へねじると、
体重移動がしやすかったりスムーズに体を回転できるので飛距離アップの効果があります。
ちなみに左太もものを右へねじらないと股関節に強い負荷化がかかるので
シニア世代のゴルファーさんは関節を痛める原因になるので気を付けたいですね。
次の項目では、ダウンスイングでの左足の使い方を紹介します。
続けてご覧ください。

合わせて読んでほしい記事

【ゴルフスイング】右肩の正しい使い方【飛ばして曲げない】

ダウンスイングでの右足の使い方

二つ目の項目では右足の使い方を説明します。
この項目でも右足を3つの部位に分けて動作の説明をします!

まずはダウンスイング左足です


ダウンスイングでの左足は、左足カカトを地面に押し付けましょう
その理由は、この動作をすることで左へ体重移動ができるきっかけになるからです。
つまり右足に体重が残ってしまうスイングを予防する効果があるんです。
さらに左足カカトで地面を踏むとつま先が少し浮くことで骨盤も回転しやすくなります。
つまり、つま先はズレてしまってOKなんです。
じつはこれにより左膝への負担も少なくなり、膝を痛めるリスクも少なくなります。
そんな理由でダウンスイングでの左足は、左足カカトを地面に押し付けてダウンスイングしてほしいんですね!

続いてはダウンスイングの左膝の動きです


結論、ダウンスイングで左膝を伸ばしましょう
その理由は、左膝を伸ばすと骨盤の回転がしやすくなるからです。
やってみると分かるんですが、左膝を伸ばすと左足カカトに体重が乗ります。
左足カカトに体重が乗るとカカトを軸にして骨盤を回転できるようになるんです。
結果的にスムーズにクラブを振り抜けることができるという訳なんです!
そんな理由で、ダウンスイングで左膝を伸ばしてスイングをしてほしいんです。

最後はダウンスイングの左太ももです


ダウンスイングで左太ももは左へねじるようにしましょう
その理由は、左太ももを左へねじると骨盤をスムーズに速く回せるようになるからです。
つまり、スイングしやすくなって、さらに飛距離アップ効果もあるんですね。
そんなこともあり、左太ももは左へ軽くねじってスイングしてほしいんです。
ちなみにこの捻じる動きは、ボールを打ちながら意識することが難しいので、
素振りでフォーム作りするのがオススメです。
お願いします。

今回は「右足の正しい使い方」をテーマに記事をお届けしました。
最初は難しく感じることが多いいと思いますが、少しだけ頑張ってフォーム作りしてくださいね!
ではHave a nice golf !
さようなら~