【知らないと下手なまま】起き上がりスイングのミスは今日で終わりにしましょう!

アイアンショット ゴルフスイング ゴルフレッスン ドライバー

こんにちはプロゴルファーの宮下芳雄です。
今回は「起き上がらないスイングを直すコツ」をテーマに記事をお届けします。
こんな方いませんか?

伸び上がりゴルファーさん「起き上がりを直してトップのミスを減らしたい。起き上がっているは分かっているけど直らない」

そんなゴルファーさんは、今回の記事を最後まで読んで伸び上がりスイングを直すヒントを見つけてくださいね。
今回の動画の目次は3つです。

本記事の目次

  • 起き上がりスイングで出る具体的なミス
  • 起き上がりスイングを直すイメージ
  • 本格的に起き上がりスイングを直す方法

YouTubeで分かりやすく解説をしています

スポンサードサーチ

起き上がりスイングで出る具体的なミス


起き上がりスイングでは、大きく2つのミスが出やすいといわれています。

トップのミス

上半身が伸び上がってしまうとクラブヘッドがボールに届かなくなり
ボールの頭を打ちやすくなり、結果としてトップボールが出やすくなります。

右へのミス

上半身が伸び上がるとフェースが開きやすくなってしまい右へのミスが出やすくなります
とくにドライバー、FWなど長いクラブで右へのミスが多くなります。

起き上がりスイングを直すイメージ


2つ目は起き上がりを直すときのスイングイメージのお話です。

ダウンスイングで沈むイメージ

ざっくり言うと上半身を下へ沈ませる感じでOKです
ポイントは少し大げさにおこなうことです。
ここで大事なのが、ダフリのミスが出る人は「アーリーリリース」も合わせて気を付けることです。
じつは、伸び上がっている人はアーリーリリースとセットになっていることが多く、
伸び上がりを直したら、アーリーリリースも一緒に直さないと良いショットを打つことができなのです。

合わせて読んでほしい記事

アーリーリリースを直さないゴルファーはゴルフ上達の遠回りをしている!

胸元を地面に向けてスイングする

伸び上がりスイングを直すときに日本では「背骨の角度」を意識してくださいとよく言います
しかし、アメリカやオーストラリアでは、「胸元を下へ向けてスイングしましょう」とアドバイスをします
結局、同じ意味なのですが、後者の方がイメージしやすいのです。
その理由は、背骨は自分の目で見ることができないのに対して、胸元は自分の目で確認をすることができるからです
バレーやダンスなどと同じく、動作ができているのか?出来ていないのか?
を目で確認しながら練習をした方がフォームが身に付くのです。
そんな理由もあり目で見える胸元を下へ向けるイメージで起き上がりを直してほしいのです。

本格的に起き上がりスイングを直す方法


最後は、中級者以上のゴルファーさんに聞いてほしい話です。
短期的ではなく、長期的にスイングを直すにあたっての方法を紹介します。

お尻の位置をキープ


お尻の位置をインパクトまでキープしましょう
お家の壁にお尻を付けたり、ソファーの背もたれなどでもOKです。
伸び上がりスイングの人は、ダウンスイングでお尻の位置が離れやすくなります。

カカト体重でスイング

じつは伸び上がりスイングの人は過剰なつま先体重でスイングをしています。
少し比喩的になりますが、カカト体重でアドレスをして、そのままカカト体重でスイングをしましょう
その理由は、カカト体重でスイングをすることで骨盤が回転しやすくなるからです
結果としてインパクト以降の動作に詰まりが出なくなり、伸び上がりスイングにもなりにくくなります。
さらに「お尻」「頭」の動作を組み合わせると、伸び上がりを強く改善することができますよ。

頭の位置をキープ


頭の位置をインパクトまでキープしましょう
お家の壁にオデコをつけてスイングチェックしてみてください。
伸び上がりスイングの人は、ダウンスイングでオデコが壁から離れやすくなります。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。
多くのゴルファーさんが伸び上がりスイングで悩んでいます。
正直に言ってスイングが、すぐに伸び上がりが直りません。
視聴者さん、それぞれのペースで焦らずにフォーム作りしてほしいと思っています。
今回は以上です。
ではHave a nice golf!